バイトOKのキャッシング

アルバイトやパート収入でも借りられますか?

借りたのはいいけど何らかの事情で返済期日までに支払いが出来ない場合は、すぐに勤務先に電話が来るかといえばそういったことはありません。現在では過剰な連絡や催促は禁止されており、こちらから連絡をしている限りは業者から不用意な連絡が来ることはないのです。

 

返済が遅れる場合はまずは連絡をする

返済が遅れる場合についても、まずは事前に電話連絡を入れておき、期日までにどうしても間に合わないことを伝えれば問題なく処理をしてくれます。連絡をせずに黙って数日間も遅れていると、さすがに業者から携帯の方へ連絡が入り、その電話にも出ないとしばらくしてから自宅や勤務先への連絡が入ることがあります。

 

昔は少しでも遅れると朝から夜まで携帯に電話がひっきりなしに入ってきたり、自宅や会社にもすぐにかけてきたものですが、今では貸金業法が厳しくなったことで業者もあまり目立ったことが出来ません。少しでも厳しくやってしまうとすぐに行政処分の対象になり、今ではネットで情報が拡散するのも早いので、一気に業者のイメージをダウンさせることになってしまうのです。

 

連絡が無いからと遅れても良いわけではありませんが、どうしても期日までに返済が出来ない場合にはまずはこちらから連絡をし、しっかりと相談をしておくと良いでしょう。

続きを読む≫ 2014/01/31 17:56:31

改正貸金業法によって新たに定められた総量規制は、収入に対して多くを借り過ぎないようにするための強制的な借り入れの制限ラインとなります。昔から年収の3分の1を超える借り入れは危険ライン、半分を超えると返済不能となるラインといわれており、現在では年収の3分の1を超える金額の借り入れは一部の例外を除いては出来ないようになっています。

 

一応は銀行の場合は貸金業者ではないので総量規制の対象とはなりませんが、消費者金融よりも審査が厳しいとされる銀行で、年収の3分の1以上の多重債務をしようとしても審査には通りませんので、どこでも年収の3分の1以上は借りられないと考えておいた方が良いでしょう。

 

さて、総量規制が与える影響ですが、申し込みをする際にまずは自分自身の年収と借り入れ総額を把握しておく必要があります。年収が300万円の方が現状で80万円の借り入れがあるとすれば、総量規制の範囲では20万円までの枠は作られる可能性があることになります。

 

しかし、大手の消費者金融ではぎりぎりまでの貸し付けを行うこともそこまで多くはありませんので、審査に通らない可能性が出てくるのです。

 

中堅どころであれば10万円程度の枠なら作られることもありますが、金利が高かったり利便性が低かったりするため、あまりおすすめが出来ないのです。

続きを読む≫ 2014/01/31 17:56:31

配偶者には収入があっても、本人には収入がない専業主婦の方の場合には、現在の貸金業法では簡単には借り入れを行うことが出来なくなっています。一応は配偶者の同意があれば借り入れは可能としているのですが、各社とも収入のない方の申し込みは不可としていることも多いため、実質的に専業主婦などの無収入の方は借り入れが不可能ということになります。

 

ただ、例外として一部の銀行では専業主婦の方の借り入れも可能としているところもあり、限度額は大きくはなりませんが、消費者金融では無理でもこのような銀行を選ぶことで審査次第では借りることも出来るのです。

 

昔は専業主婦の方でも配偶者に収入があるという自己申告で簡単に借金が出来たものです。グレーゾーン金利全盛期であった数年前までは、消費者金融からの借金に苦しむ主婦の方というのが非常に多かったのです。大手の業者で借り入れを繰り返してしまい、中堅どころで借り、正規の業者で借りられなくなると闇金融に手を出す方もいたほどです。

 

もちろんそのような流れは社会問題化してしまい、専業主婦のキャッシングが難しいとする貸金業法の改正となったわけですが、例え現在に借り入れが出来たとしても、自分自身に収入がないのであれば多くを借りないようにする気持ちも大切なのです。

続きを読む≫ 2014/01/31 17:56:31

アルバイト収入やパート収入があっても、一部の銀行カードローンにおいては申し込みが出来ない場合もあります。目的をもったカードローンの場合には不可とする傾向が強く、例えば多くの借り入れを一本化するおまとめ専門のローンを提供する場合にはアルバイトやパートの方は不可としていることがあります。

 

そのほか、銀行によっては年収の制限を設けていることもあるため、アルバイトの方では年収に満たないことも多く、申し込みをすることが出来ない場合もあるのです。

 

しかし、これらはあくまで一部の銀行の話であり、ネット銀行のカードローンなどについてはアルバイト収入、パート収入のある方なら申し込みが出来ることも多いです。銀行の場合には貸金業法で定める総量規制の縛りを受けないため、他社で多くを借りてしまっている方も場合によっては借り入れが可能となる事もあります。

 

おまとめ目的ではなくてもアルバイトでも収入が安定しているのであれば、多額の借り入れで一本化が出来ることもありますので、銀行だから審査が厳しい、通らないと考える前、色々な情報を仕入れてみると良いでしょう。

 

銀行に限らず、借り入れを行う際には事前知識が必要にもなりますので、しっかりと各社の条件を把握し、無理なく借り入れが出来るようにすべきなのです。

続きを読む≫ 2014/01/31 17:56:31

審査に通るかどうかは別とした場合であれば、消費者金融の申し込みに対する条件はそこまで厳しくありません。年齢による制限さえクリアしているのであれば、学生や主婦の方も何らかの収入があれば申し込みをすることができ、もちろんアルバイトやパートの方、フリーターの方でも申し込みを行うことが出来るのです。

 

年収の低い方は限度額も大きくならないことがほとんどですが、それでも正規の業者であれば10万円程度の限度額となることもありますので、緊急時のピンチには十分に役立つキャッシングが出来るようにもなっているのです。

 

これは大手の銀行系消費者金融でも中小の独立系消費者金融でも同じことが言え、どちらにしても収入がある方なら申し込みを行い、審査を受けることが出来ます。手軽に気軽に借りられるのが消費者金融の一つのメリットであり、多くの方に利用されているポイントでもありますので、少しのお金の借り入れを考えているのであれば、返済の計画をしっかりと立てて借り入れを行ってみるのも良いでしょう。

 

ただ、収入が多くない方がたくさんの借金を作ってしまうと返済が厳しくなってしまいますので、借りすぎには注意し、適度なキャッシング利用とすることも忘れてはならないのです。

続きを読む≫ 2014/01/31 17:56:31